スポンサーサイト

  • 2018.04.15 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    看板猫マーレ君近況

    • 2018.04.15 Sunday
    • 10:02

    こんにちは、いつのまにかすっかり春らしくなりましたね!

    我が家のヤマアジサイも葉が茂ってきて、花が咲くのが楽しみです。

     

    ところで、以前からご来院いただいている方からよく、「ここに居てた可愛い猫さんどうしてるの?」と、聞かれることがあります。

    そう、3年前まで当院看板猫として活躍していたシャム系雑種猫のマーレ君です。


     

    マーレ君は、3年ほど前から5歳年下のハチワレオス猫吾郎兵衛と、私東條の自宅で過ごしています。

    推定年齢約8〜9歳のマーレ君ですが慢性腎不全などの持病があり、もう輸血用の献血などは無理になってきたので私が自宅に連れ帰ったのです。

     

    2015年6月、生後約1か月の吾郎兵衛がやってきました。

    母猫が恋しい吾郎兵衛は、マーレ君の後をストーカーのようについて回っていました。

    やがて、1歳を迎えるころには吾郎兵衛の体格も大きくなり、マーレ君にマウンティングするようになってきました。

    心優しいマーレ君は、一時期激やせしましたが、半年くらいで回復。

    今はおおむね元気にしています。

    今でも、押し入れに隠れたくなるくらい吾郎兵衛が鬱陶しくなることも多々ありますが・・・

     

    おおむね仲良くしてくれてます。

     

     

    みなさん、僕のこと気にかけてくれてありがとニャ

    以前よりは一回り痩せたけど元気にしてるニャ

    時々は病院に行くのでその時はよろしくニャ

     

     

     

     

    元気な17歳ワンコ

    • 2018.03.29 Thursday
    • 17:10

    こんにちは!

    獣医師の東條です。

    今年の冬は寒かったですが、3月に入ったらあっという間にあったかくなって、宮川沿いの桜も五分咲き程でしょうか。

     

    ところで、先日は2017年度に表彰された御長寿さんをご紹介させていただきました。

    ワンちゃんは15歳以上で、猫ちゃんは18歳以上で獣医師会から表彰されます。

    これは、人間の年齢にざっと換算すると、80歳以上に相当する年齢です。

    ですので、様々な病気を持ちながらのご長寿さん達がほとんどです。

     

    本日は、さらに歳を重ねても元気に生活しているワンコさんをご紹介します。

     

    一昨年に15歳で表彰された久良知元君は今年の1月で17歳になりました。

    飼い主さんは、以前当院で看護師として働いてくれていた久良知朋世さんです。(今は横浜でツインボーイズのママとして奮闘していますが)

     

     長寿の表彰を受けたときも軽い心臓弁膜症と慢性肝炎、椎間板疾患はありながらも食欲200%、元気なおじいちゃんでした。

     その後も元気でいましたが、昨年末に下唇にしこりが見つかりました。1か月後の今年1月には梅干しくらいにまで大きくなってきたので、久良知家一家の家族会議や当院との数回のお話合いを経てしこりを切り取る手術を実施しました。

     手術は無事に済み、取り出したしこりを調べましたら悪性のものであることがわかりましたが、元君は手術翌日から食欲旺盛で、相変わらず元気なおじいちゃんぶりを発揮してくれました。

     その後何事もなく元気にしていた元君ですが、約1か月後の2月下旬に突然足が立たなくなり来院されました。左前足の様子がおかしいのでレントゲンを撮ってみると、左腕の上腕部が腫瘍化して病的骨折を起こしており、さすがに食欲もありません。

     この場合、手術を選択するとなると左腕を切り取ることになりますが、それは年齢のことを考えて飼い主さんは望まれなかったので保存的治療を施すことになりました。

     折れている骨が動くと激痛ですので、左腕を体に巻き付けてテープで固定し、痛みを抑える効果を持つサプリメントを飲んでもらうことにしました。すると、元君はそんな状態にもみるみる適応して今では上手に3本脚で器用に動けるようになり、食事は翌日から食べるようになりました。

    三本足で、オヤツををねだる元君です。

    お家でお母さんがアイロン台で作ってくれた特性テーブルの水を上手に飲む元君。

    元おじいちゃん、ガンバレ!!

    新年おめでとうございます

    • 2017.01.05 Thursday
    • 17:20

    いよいよ2017年となりましたね。

    お正月は連日お天気が良く暖かでしたので初詣に出かけられた方も多かったのではないでしょうか。

     

     

    我が家の正月は、ニャンコの吾郎兵衛にキャットウォークをDIYしてみました。

     

    昼間一人(一匹?)でいる間、夏は開いた窓から外をのぞいている吾郎兵衛ですが、冬は窓を閉め切っているので、覗き用の台を兼ねたキャットウォークを作ることにしたのです。

    2×4製材を柱としてそこに棚を作る要領で板を取り付けただけのシンプルなものですが、なかなかいい感じに出来上がりました。

    (自画自賛・・・)

     

    で、肝心のニャンコの反応はというと・・・

    いきなり得体のしれない構造物が現れたので、今のところは臭いを嗅いだり触ったりして恐る恐る安全確認作業中です。

     

    以上、今回は我が家のキャットウォーク自慢でした。

     

    本年もよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    年末年始のお知らせ

    • 2016.12.12 Monday
    • 09:18

    年末年始の診療

    年末は、31日まで通常通り診察を行っております。

     

    正月は、1月1日より4日まで休診とさせていただきます。

     

    年末のトリミング

    年末のトリミングは、水曜と日曜以外はご予約を承っております。

    正月は、1月1日より4日までお休みです。

     

     

    なお、ペットホテルは年末年始を通じて通常通り行っておりますので、ご利用の方は、早めのご予約をお願いいたします。

     

     

     

    看板ニャンコ`s近況

    • 2016.10.13 Thursday
    • 16:04

    またまた、ご無沙汰しておりました。

    今年の夏は暑かったですが、その夏も終わって、めっきり涼しくなりました。

    涼しく過ごしやすいのはいいけれど、日が短くなって日差しが弱くなってくると何やら物悲しく感じますね。

     

    今日は、飼い主さんたちやご近所さん(お隣の整骨院や歯医者さんのスタッフさんたちにも)に可愛がってもらっているアイドルニャンコのマーレ君と後輩ゴンタクレ内弁慶ニャンコ吾郎ベエ君の近況をお知らせしてみます。

     

    開業以来ずっと、動物病院内で暮らしていたマーレ君ですが、昨年の夏に私が一人暮らしになってペット飼育可な住居に引っ越した機会に、吾郎ベエ君とマーレ君は我が家で暮らしておりました。

    昨年春生まれの吾郎ベエは徐々に成長し、正月頃には体重も体力もマーレ君を上回ることとなりました。

     

    そんな吾郎ベエの疲れを知らぬ「遊ぼうよ攻撃」に、優しくてお坊ちゃま気質のマーレ君はほとほと疲れてしまい、体重も激減してしまいました。

    以前から持っていた腎不全に加え膵炎も併発してヒョロヒョロやせ細ってしまったのです・・・

     

    ごめんね、マーレ君・・

     

    ついに、1か月前からマーレ君は動物病院で治療しながら以前のように病院生活をすることとなりました。

    夜は病院で一人になりますが、昼間はスタッフにも撫ぜてもらえます。

    我が家で生活している間に、以前よりもチョッピリ人見知りになったマーレ君ですが、少しづつ体重も増え、最近はたまに受付にも現れますので、その時はよろしくお願いします。

     

    たまにマーレ君を家に連れて帰ることにしています。先日の体育の日も家に連れて帰りました。

    早速ギャング猫吾郎兵衛がマーレに付きまとっていました。

    つぼ型クッションでくつろぐマーレの横でぴったり離れない吾郎兵衛。

    鬱陶しくなったマーレ君がその場を離れるとクッションに興味津々でひとしきりクンクン臭いを嗅いでいた吾郎兵衛ですが、そのあと、自分がちゃっかりその中に・・・

     

    あまりにも吾郎兵衛がしつこいので、遂にマーレ君を別室に避難させると・・・

    部屋の前で悲しそうに鳴いている吾郎兵衛です。

     

    今は、吾郎兵衛は私が仕事中は一人でお留守番をしています。

    留守中はよく小窓から外を観察しているようです。

    もし吾郎兵衛が人間の言葉を話せたら、ご近所の行動を逐一教えてくれることでしょう。

     

    以上、今回は、我が家の猫達のご報告でした

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    トネリコ救出作戦

    • 2016.06.07 Tuesday
    • 09:42
    ご無沙汰になってしまっておりました。
    桜のシーズンも終わり、いつの間にか梅雨のシーズンですね!


    ところで、話は変わりますが、当院の看板前のベンチ横にトネリコの木があったのをご存知でしょうか?
    実はあのトネリコ、このビルを管理している株式会社アステムさんより開業時にいただいたものでした。
    いただいてから4年以上経過しておりますが、1度も植え替えたことがなく・・・・(植え替えようとチャレンジしたことはあったのですが、根が張りすぎて植木鉢から抜くこともできず・・)
    そのままの状態で4年以上もの間、ベンチ横を飾ってくれていました。
    その間、タバコの灰皿代わりにされる方も多く、時にはゴミ箱代わりに紙コップを鉢の中に捨てられる方もおられました。(´;ω;`)






    徐々に弱ってきて、葉色も悪くなってきておりましたそのトネリコさんの植え替えを、先日ついに実施しました!
    一回り大きな植木鉢に植え替えて今まで通りベンチ横に立ってもらうことも考えましたが、しかし、また灰皿やゴミ箱のの代わりになるのはかわいそう・・・
    我が家の小さな庭に植え替えることになりました。

    自分で植え替える自信はゼロでしたので、シルバー人材センターの「五島さん」という方にお願いしました!




    根が張りすぎて植木鉢から引っこ抜けなかったので、五島さんがプラスチックの植木鉢を切り取って、我が家の小さな庭の片隅に植え付けてくれました。



    元気を取り戻してくれると嬉しいなぁ

    シルバー人材センターの五島さん、ありがとうございました。
    この場を借りて御礼申し上げます!



     

    春もすぐそこですね!

    • 2016.03.12 Saturday
    • 10:22
    お久しぶりです。しばらくブログ更新が滞ってしまっていました・・・(汗)ゆう★

    当院では、昨年暮れごろから、手術症例が多くなってきています。

    動物さんの手術は、ほとんどの場合全身麻酔が必要になりますので、手術実施を決断するにあたっては飼い主さんは心配が尽きないことと思います。
    心配要因としては・・
    1麻酔のリスク
    2手術のリスク
    3手術を行わなかった場合のリスク
    4経済的要因(手術コスト)
    などが挙げられるのではないでしょうか。
    これらの要因は、個々の動物さんで異なりますので、予めよ〜く説明させていただいた上で決断していただくこととなります。
    高齢の動物さんでは、麻酔のリスクが若い子よりはある程度は高くなることもありますが、そのリスクよりも手術を行わずに経過した場合のリスクが大きく上回る病気も多くなります。

    当院では幅広い分野の外科手術に対応させていただいております。
    当院でのこれまでの手術実績を挙げますと・・・
    • 胃切開術
    • 腸切開術
    • 腸腫瘍摘出術
    • 脾臓腫瘍摘出術
    • 腰椎下リンパ節摘出術
    • 腹腔内潜在睾丸摘出術
    • 去勢手術
    • 避妊手術
    • 陰嚢除去術
    • 子宮蓄膿症手術
    • 帝王切開
    • 膣腫瘤摘出術
    • 膀胱結石摘出術
    • 臍ヘルニア整復術
    • 会陰ヘルニア整復術
    • 肛門周囲腺癌摘出術
    • 肛門周囲腺腫摘出術
    • 各種皮膚腫瘍摘出術
    • 猫の抜爪術
    • 外耳道切開術
    • 口腔鼻腔瘻整復術
    • 猫の全抜歯術
    • 大腿骨頭切除術
    • 橈尺骨骨折整復術
    • 片側下顎骨全切除術
    などです。

    ところで、当院の看板ニャンコsの近況ですが、マーレ君は最近膵炎を患い激ヤセしてしまいましたが、治療により、現在は快方に向かっています。
    吾郎兵衛は、マーレ君へのちょっかいが目にあまったので(マーレ君の激ヤセの1因?)、2月についに去勢しました。
    最後に、ニャンコsの写真を掲載して今回の締めとさせていただきます。

    寒かった日、湯たんぽ抱えてソファーで(*´ω`)


    去勢3日後の吾郎兵衛君の雄姿です。

     

     

    冬季健康ドックキャンペーン始まりました

    • 2015.12.04 Friday
    • 09:00
    多くの病気は、症状が明らかになった時点ではかなり進行していて、十分な治療ができなかったりすることがしばしばあります。
    老齢疾患のほとんどはすぐに死亡に至ることは少なく、治療せずに放置していると、動物さんは長く苦しむことになります。

    6歳以上のワンちゃん・猫ちゃんは、是非ともこの機会に一度、健康ドックを受けましょう!

    血液検査ではわからない主な病気としては、多くの腫瘍性疾患、心臓疾患、呼吸器系疾患、泌尿器系疾患など数多くあります。

    心臓疾患にり患しやすい犬種としては、マルチーズ、キャバリア、チワワ、ドーベルマン、ボクサなどがあります。猫では、メインクーン、アメリカンショートヘアー、スコティッシュ・ホールドなどです。

    特に腫瘍性疾患にり患しやすい犬種は、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、シェルティーなどがあげられますが、寿命が延びた現代では、全ての犬猫さんに危険性があるといえます。

    検査内容は以下の通りです。

    全身コース
     
    検査項目 検査内容
    問診・身体検査 現在の体調・病歴・食事の内容などをお聞きし視診・触診・聴診などで全身をチェックします
    尿検査 試験紙検査 腎臓病・糖尿病・膀胱炎などを調べます
    顕微鏡検査
    便検査 直接法 寄生虫の有無・腸内細菌や炎症・出血などを調べます
    集中法
    血液検査 血球検査 貧血・炎症・血小板数の異常などを調べます
    血液塗抹検査 各血球の形態・種類の分布などを調べます
    血液生化学検査 血液中の生化学物質の数値から、肝臓病・腎臓病・糖尿病・内分泌疾患などの病気を見つけます
    レントゲン 胸部 各臓器の、大きさ・形・位置などを把握します
    腹部
    エコー検査 心臓エコー 各贈位の内部構造や動き方などを把握することができます
    腹部エコー
    心電図 不整脈などを調べます

















     

    [費用]  6毀にのワンちゃんまたは猫さん : 21,600円(通常27,000円)
              6坩幣紊離錺鵑舛磴鵝  А      25,920円(通常30,240円)
     

    心臓コース
    胸部レントゲン 心臓の大きさ・形体・位置や血管の太さ・走行等を評価します
    心臓エコー 心臓内部の構造・動きや血液の流れの異常を調べます
    心電図 主に不整脈の有無を調べます

      [費用]  6毀にのワンちゃんまたは猫さん : 8,640円(通常11,340円)
              6坩幣紊離錺鵑舛磴鵝  А       9,720円(通常12,960円)

     

    これらのコース以外にも各動物さんに応じてコース設定可能ですので、お気軽にご相談ください。

    予約制ですので、お電話またはご来院にてご予約ください。

     

    ご長寿さん第2弾

    • 2015.12.03 Thursday
    • 10:01
    いよいよ12月に入り、今まで異常にあったかかったですが、冬らしい寒さを感じる日も多くなりましたね。
    看板ニャンコ達、特に寒がりマーレ君はほぼ1日中湯たんぽにへばりついています。


    前回ご紹介できなかったご長寿さんをご紹介します〜
























    助野キューちゃん 1996年12月生まれの男の子です。
    ちょっと不敵な感じの表情に写っていますが、とっても繊細です。
    おばあちゃんが大好きですが、お姉ちゃんにはたまに反抗しちゃいます。
    歯は1本しか残っていませんが、食欲モリモリです!
    その歯でたまに機嫌が悪いとお姉ちゃんに反撃しています。




     
    伊東さくらちゃん 1997年3月生まれの女の子
    大家族の伊東家の一員です。
    とっても穏やかな性格で、表情にも性格が表れていますね。
    同じ誕生日の姉妹のモモちゃんは一足先に亡くなってさみしいけど、シッカリゴハンを食べてモモちゃんの分まで長生きしようね!





       
                
    小澤ルネちゃん、1999年2月生まれの男の子
    大好きなお姉ちゃんに抱っこされてご機嫌です。
    お母さんやお姉ちゃん達がお仕事に行ってお留守の間、いつも相棒の
    ルキオ君と二人でお留守番しています。
    お姉ちゃんが小学生低学年の時におうちに来ました。
    お姉ちゃんにはよく遊んでもらったなぁ〜犬
























     

    新人ご紹介しまーす!!

    • 2015.11.15 Sunday
    • 11:52
    11月も半ばとなり、夜はかなり冷えるようになりましたね〜。

     ところで、実は、スタッフブログでも大分以前よりご紹介させていただいておりますが、当院看板猫見習いとして春より新規に1名増員されました。

    ジャジャ〜ン!

    5月中旬生まれの吾郎兵衛君です!
    チョビヒゲとアゴヒゲが素敵でしょ?

    ステンレスに写った自らの姿にうっとり?

     現在は、先輩看板ニャンコのマーレ君に突っかかっては怒られて社会勉強中です。
     

     そんな吾郎兵衛君も、約5か月前はこんなでした〜
     







     マーレ君と違い、まだまだ人見知りですが、実は抱っこが大好きなので、ご来院の際に機会があれば抱っこしてあげてもらえればうれしいです。
     ゴロゴロ〜と喉を鳴らして喜ぶはずです。
     よろしくお願いしまーす!






     
     
     さて、町では早くもクリスマスモードのところも増えてまいりましたし、当院もプチクリスマスモードに飾り付けました。

     
     トライやる活動で来ていた中学生の徳山さんに飾りつけを手伝ってもらいました。
     彼女、現在2年生で、獣医という職業に興味があるそうです。
     獣医に1番必要なのは、1に体力、2にどんな時も諦めない強い心、3に勉強、アッ忘れてならない動物への愛情も・・
     そんな話をしながら、血液検査や爪切りや掃除など手伝ってもらいました。
     少しは参考になったかなぁ?
     


    若い徳山さんがフレッシュな風を運んでくれて、当院もリフレッシュされた気がします。
    来週の学校の試験頑張ってね〜